審査に通りやすいカードローンを申し込む際に忘れてはならない最重要なこととは?

過去に未払いがあれば、信用情報登録機関に確認!

カードローンの審査を申し込む際には、必ず信用情報登録機関にクレジット履歴などを照会します。信用情報登録機関には支払いに関する全ての情報が記載されています。その情報の中に過去に未払いなどに関する記録があると審査に合格しない可能性もあります。未払いの情報を金融機関が入手すると、金融機関としては未払いになる可能性を考えてます。しかし信用情報登録機関の情報には保管期限があり、10年以上経過した記録は削除されています。過去に未払いがあっても削除されていれば問題はないです。過去に未払いを起こした人がカードローンを申請するには、信用情報登録機関に情報開示を依頼して、未払いの情報がないかを確認する必要があります。

勤務先にはバレませんので、勤務先に電話連絡があれば対応しよう

カードローンの審査の中で、金融機関から勤務先に電話連絡がある時があります。その際の目的ですが、きちんと働いているかどうかを確認するのが目的です。電話連絡の際に本人がでるのが一番良いのに間違いはないですが、本人が出ない時でも勤務先の同僚がきちんと対応すると問題ないです。金融機関の担当者はカードローンの名前を出さずにスタッフの個人名で電話連絡をするので、カードローンの審査を受けていることが勤務先の同僚に分かることは絶対にありません。
万が一職場への電話連絡にきちんと対応しないと、定期的に働いて収入を得ていないと金融機関は判断します。そのため職場に電話連絡があった場合には確実に対応する必要があります。