カードローンの返済の際にやった方が良いたった1つのこととは?

約定返済の仕組みを理解する

カードローンの返済方法には、残高スライド元利定額リボルビング方式を採用しているケースが多く、元金均等返済を採用している金融商品は少ない現状があります。返済金額が多いと苦しいと感じてしまうことから、ある程度返済額を返しやすい範囲内に抑えて、返済回数が増えてしまうわけです。
返済額のうち、元金に充当されている金額が毎回どのくらいになっているのか、確認しながら返済している人は少ないでしょう。残高スライドにより、元金が少なくなってきた段階では更に返済額自体も引き下げられてしまうので、元金返済ペースが落ちてしまいます。金融業者にとって、金利が一定ならば返済回数が多いほど、受け取れる利息が増えるので有利になるわけです。

随時返済をいかに組み合わせるかが重要

カードローンは、借入と返済を利用限度額の範囲内で好きなだけ繰り返すことが出来ます。約定返済額は、あくまでも最小返済額にすぎないという認識を持っていることが重要です。約定返済額を上回る金額を返済すれば、元金を早く減らすことが可能となります。
随時返済として任意の時期に約定返済とは別に、返済額を入金すれば良いわけです。しかし、約定返済する時に合わせて随時返済分として、最小返済額よりも多い金額を返済し続ければ、計画的に元金を減らせます。毎回の返済額に注目するのではなく、元金をいくら減らすのかを中心として返済計画を立てることが重要です。利息は日割り計算で行われますが、あくまでも元金に対して金利を掛けて計算されるので、元金自体を早期に減らしておくことが大切となるわけです。